スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

68になるので今迄の流れを纏めてみた

そろそろ終活の一環としてQOLの追求に励みたいので栁田芳秋が生きた証を一覧出来るようにHPを改訂したいのだが何せ20年以上掛かっているのでまるで日本の様な増改築を繰り返した折衷様式で読み難い、俺も此処までは努力したんだという栁田芳秋の全て、All of me的な何かを遺したい気持ちである。
余生は血液がんサバイバル及び国籍離脱への道のりの二点に興味を絞り細々と暮らしたい。

これは栁田芳秋自伝ならぬ辞典でもある。

日本の特異体質の研究
和魂洋才の弊害
イタリアルネサンス

柳田國男の研究
普遍主義研究

自伝の執筆を通して人格統合を図る。

イタリア・ルネサンスに端を発する近代文明研究並びに、柳田國男の方法論の研究を通して、日本の特異体質を考察した結果、帰結した理論に基づく、「個人学」及び「自分学」の提唱を機に、ネット上に国際個人学研究所を開設し、20余年に亘り個の確立の重要性を説いて来た。

自らを考える事と信じる事だけの与件の下に置く事で、自他の世界を徹底的に分析、哲学及び科学の相関関係の解析を行い、個の確立が文明化に必須である事を括り出した。

日本の特異体質であるオールオアナンの二分法が個対無のナチュラリズムでもなく個対全のヒューマニズムでもない、個の欠如により全と無の間を右往左往する結果である事に気付き個の確立こそがオールオアナンから脱却する唯一の手段である事を指摘した。

瞑想を通じてニコラスクザーヌスの所謂個が全を包含する事を20年掛けて体感、一にして全なる個を体現する。

神が居ないから個の確立が出来ないのではなく、個の確立が出来ないから神が居ない事を指摘。

全は個の外側から到達する事は出来ず、個の内側を通してのみ到達する事が出来る事を指摘。

国際結婚を通して、国籍を超え、年齢を超え、性別を超える実践をする。

国際化と言うと兎角英語を学べと言いがちだが、年齢及び性別を超えるのに英語が不要な事を指摘。

近代文明ひいては科学は12世紀から16世紀に掛けて文芸復興運動、イタリアンルネサンスを機に発展した、重要な鍵は、聖俗分離、世俗化である、日本は世俗化の機会を逃し聖俗未分離のまま残ってしまい、自由よりも寧ろ秩序を好み、それは聖俗一致を唱え近代文明ひいては近代文明を構築する普遍主義を拒絶したイスラム社会に似ている。

聖と俗詰まり心と身体を一時的に話す事により科学ひいては近代文明は西欧で発展し、逆に日本人は近代文明により無理矢理に心と身体を引き裂かれ一億総統合失調症状態に陥った事を指摘した。

日本が近代文明を導入した際、日本語取扱説明書がついて来なかった為に、21世紀の今でも日本人が普遍主義の普の字も理解していない事に着目し、個人学講義をネット上で展開した。

洋魂を図解し日本人が近代文明の各論部分だけを利用し総論部分を理解していない事を指摘し近代文明学総論を展開した。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshiaki Yanagita

Author:Yoshiaki Yanagita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。