スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を棄てる決意を決定付けた出来事

citizenship

今回の一件で日本を棄てて良かったと心から思う。

近代文明学総論

筆者がオーストラリアに住んで居た時、オーストラリアは二度手間の国であり日本が片手間の国と呼んでいた事がある。
これは社会より個が先に来る普遍主義諸国は末端の当事者が重要視される為に仕事が一度で済む事が少なく慣れる迄は苛つかされる事も多い、方や個より社会が先に来る日本、つまり個を片手間に扱う国では末端の事務が秩序立っている為にスムーズに進むと言うことである。
又その頃造語した言葉に近代文明学総論というのがある、これは日本は近代文明の技術的側面詰まり近代文明学各論は完璧なのにも関わらず、近代文明の根幹を成す普遍主義詰まり近代文明学総論に関してはからきし駄目だということである。

日本は明治維新以来持ち前の器用さで洋才を身につけあっという間に列強の仲間入りを果たした、これに慢心して第二次大戦では大敗を喫してしまったが、その後の経済成長にも目覚ましい事がある。
筆者はこれは全体主義の日本の社会にアメリカのプラグマティズムを持ち込んだ為に人間がロボット化して目覚ましい発展を遂げたと言っていたが、最近になってアメリカの呪縛が解けた途端に従来の全体主義的秩序は崩れて行こうとしている。
日本人は各論は優等生なのであるから、総論さえ学べば再びアジアの最強の国になる事は可能である。

元々日本の文明は西洋の文明とは違うのであるから、西洋の文明である近代文明をそのまま取り入れるのは難しい、然し乍ら近代文明の均質化(普遍性)の波から日本の伝統と文化を守る為にも洋才ならぬ洋魂を学ぶ事は必須である。
筆者は自由、平等、博愛が普遍主義の信念であり、国籍を超え、年齢を超え、性別を超えるのが普遍主義の実践であると言うが、言うは易し行うは難しである。

自由、平等、博愛は昨今のテロ事件を見ても、西洋人にとってさえ理想論であり実践は難しいものなのである、特に自由を必要としていないイスラム諸国に自由を押し付けるやり方は、自由を必要としない自由を否定するものであり素直に受け入れられないものである。

筆者は何も自由、平等、博愛を実践せよと言っている訳ではないが少なくとも理解する事は必要なのだ。
西洋人にも受け入れが難しい自由、平等、博愛を、日本人は押し付けられた憲法と言いつつ、人類普遍の原理である基本的人権が努力も無しにそこに用意されている物と信じている嫌いもあるから不思議である。

このまま近代文明の均質化に身を任せていて良いのか、日本は近代文明学各論は優等生なのであり、技術大国として世界で生き残る為にも近代文明学総論(洋魂)を学ぶ必要がある、今なら未だ間に合うのだ。
筆者は日本を腐そうとしているのではない、日本を愛するがこそ欠点を指摘しより良い日本を目指し前進して欲しい一心から必死なのである。

そうこうしている内に決定的な出来事になってしまったのは筆者が何気なくフェイスブックに投稿したこの一文である。

「もうこの世のお終いならパアッと狭い日本を飛び出して何処でも行きゃ良いのだけど、住民票抜いた時の大変さとか色々思い出して気が重くなるのよな、執着ってのがいかに邪魔するかって事よ、南無。」

44年米国に滞在しご母堂の逝去の為遺産問題を解決する為に帰国した同級生が次のように僕の日本批判のコメントを抑え付けるように「日本はいいところです」と僕の言葉を遮るようなコメントを送って来たのである。
彼は間質性肺炎を患っていて常に酸素吸入が必要な状態なのでそれ以上論駁する事も出来ず、麻布の同級生でさえこのていであり、いわんやパンピーおやと思い反論を止まったのだ。
少し前に帰国歓迎会の席でも、悲壮感漂うスピーチで自分は日系移民一世としての自負を持っている、自分は米国のシチズンシップを申請すると涙を堪えながら語ったばかりだったのだ。
その時この論旨をすり替え、短絡する帰国以来悩まされて来た日本人の論理構造に嫌気がさしていた自分は徹底的に争う気にもなれず以来フェイスブックのみならず日本の社会から身を引く事にしたのである。

以下はアマゾンから出した『左様ならニッポン』に載せる積りで纏めたが余りに挑発的なので差し控えた物を加筆修正したものである。

同級生K

「僕は、想定外の帰国、滞在になりましたが、今のところ四四年ぶりの浦島太郎にしては、日本の軽シャーショックはおおむねポジティブな方向で、日本んの生活のいい部分を評価するようにして、快適に過ごしています。日本はいいところです。」

柳田

「お言葉を返すようで恐縮ですが、それはアメリカ人のK氏の見解と受け止めてよろしいのですか、そりゃ僕だってアメリカに行けばアメリカの良い部分をポジティブに受け止めます。旅行者の気分で日本は良いところですと言われても即納得する訳にも行きません悪しからず、、こないだのスピーチでもアメリカが貴方のアイデンティティーであり移民としてシチズンシップを申請すると仰っていた筈、日本は二重国籍を許す国ではなく、敢えて日本国籍を捨棄てられる方に言われても説得力は皆無です。」

同級生K

「僕は、もともと、国籍とか、パスポート、ビザとか、更には国境も一九世紀の遺物であると考えてきました。しかし、現実には上記のモノがまだ必要な訳で、米国セキを取ろうとする動機に、グリーンカードは一年以上の不在で取り上げられるし、そして以前にも述べた通り、心情的にアメリカ移民第一世としての自負があります。」

「日本は、建前として二重国籍を認めない事になってはいますが、現実には、二重国籍を完全に排除する事も不可能に近く、二重国籍は「とがめなし」というのが現状のようです。僕も、米国籍を獲得しても、自分から進んで日本んのパスポートを領事館に返納したり、届出をしたりするつもりはないので、二重国籍の状態にもっていこうと考えています。役所も膨大な手続きを踏まねば一人の国籍を剥奪できないし、現実的ではないのです。」

「「日本良いとこ」の感想は、旅行中の米国人としてではなく、浦島太郎としての見解です。ひとそれぞれだと思います。(KS君とは、この前の銀座の会合でそこまで話しませんでしたが、彼は多分、旅行中の米国人として日本を楽しんだと思います。)要するに、僕は日本国籍を捨てるつもりまありません。だから、説得力に関しては、それを留保します。」

「国籍、云々などと堅苦しい事なく、「日本はいい国だ」というのが僕のストレートな感想です」。

柳田

「長々と有難うございます、一九世紀の遺物、アメリカ移民一世としての自負、法に背いてまで固執する日本国籍、移民されるアメリカにも日本も良い迷惑ですね、ひとそれぞれと仰いながら、日本はいいところですと決め付け他人を否定するのは余り宜しくないのではと思います。」

同級生K

「アメリカでも日本でも、外貨を稼いで貢献しています。」

柳田

「全ては金と仰るのですね。」

同級生K

「「移民されるアメリカにも日本にも良い迷惑ですね」に対する反論としての話です。」

柳田

「それは星条旗に中世を近い、日の丸にも敬礼し君が代を歌う矛盾に対して迷惑じゃないかと申し上げたのです。」

同級生K

「僕は、他人の心情にいちいち、迷惑心を起こしません。
それが思想の自由の基本的な約束だと思います。」

柳田

「だから何故日本はいいところだと僕は思うと言わないで、日本はいいところですと最初に断言されたのかに僕は自分の意見を述べたまでと申し上げてるじゃないですか。」

同級生K

「二人の浦島太郎のコントラストは楽しいですね。」

平成八年の正月にこれからは女々しい野郎とは付き合わないと決めてから二十年近く経過した平成十二年にオーストラリア人と再婚して渡豪してから平成二十六年に帰国して又々大人になり切れていない先輩に悩まされる羽目になりすっかり「理屈じゃない」の世界に引き戻されてしまった。
そこに日本人の典型でもある女々しい男の姿を見てしまったからである。
個の確立の出来ない、定年後 10年経っても「うちの会社」という大人になり切れない日本人の人間像である。
それは数年前にオーストラリアから一時帰国した時の兄の態度と酷似していた。

念の為にツイッター経由でFBにもコメントを残した。

俺は日本に居た頃同級生から日本は住み易い国だと言う謂れのない同調圧力を受けてFBから遠ざかっていたが、今回治療も開始出来た事だし戻ったら又同じ奴から今度はアップしたハーバーブリッジが気に食わないといちゃもんを付けられた、最初は間質性肺炎の死に損ないだから黙っていたが許し難い。

その死に損ないは同級生の歓迎パーティーで自分は今後アメリカ移民1世として生きる事に決めたと涙ぐんでスピーチして皆感動したが、その後前述した同調圧力をかけてきた時、自分は日本の国籍は捨てないと言い出し、違法行為を正当化する発言をして論旨すり替えののらりくらりとした受け答えをした。

何故日本人は違法行為に罪悪感が無いのか、それは倫理規範が日本に欠如するからに他ならない、又日本人は論理的じゃないので論理に整合性を無く論旨のすり替えを平気でする、他人のポストに意見して来て他人の考えを否定し自分のだけ思想信条の自由だと抜かしやがった。

大体自分だけが幸せじゃないと思ってる奴は手に負えない、そりゃ家族がXY連鎖の染色体異常で男子だけに発症し女性はキャリアーになるがん体質で自分が間質性肺炎で死に損なったら不幸には違いないが皆似たようなものそれを乗り越えてやっとこさで生きてるんだよ。

普段ならスクリーンショットで保存するのだが、今回は油断してしまった。

「大体人が折角アップした女房がジョギング中に撮ったシドニーハーバーのプロファイルの映像を、橋がエレガントじゃ無いとケチつける奴って何処まで根性がひん曲がってるんだと思うぜ、大体橋脚に優雅さを求める奴の気が知れない。」

あまりに我慢がならないので上の様なコメントを残したら彼のコメントと俺の英語の返答を含むスレが消されてしまった。
俺の返答は、Sorry am not sure who adores that bridge for that shape built in 1932‬.って内容だと思ったが。

内容は、彼がシドニーハーバーブリッジが優雅さを欠くので何故皆があの橋を崇めるのかわからんという英文のコメントなのだが、
ハーバブリッジがサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジやオークランドの橋の様に吊り橋スタイルじゃないのがいかんという事で、最近はやっと我慢できる迄になったと言う内容である。
大体人々が橋脚に優雅さを求めるとも思えず、ハーバーブリッジをあのスタイルの為に崇めてるとも思えないし、シドニー湾のアイコンは橋だけじゃなく、オペラハウス、センターポイントを中心にシティーが一望出来る環境にある。

その後頭に来たので1980年に立ち寄った時と2000年に女房と立ち寄った時の写真をプロファイルに乗せ、ゴールデンゲートブリッジも別に優雅じゃないし、ハーバーブリッジは吊り橋スタイルにするには短過ぎるとコメントを付けたが阿呆らしいし女房の映像は晒したくないので削除した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoshiaki Yanagita

Author:Yoshiaki Yanagita
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。